Blog&column
ブログ・コラム

ウォークインクローゼットの収納を上手に使うには?

query_builder 2022/05/15
コラム
36
今回はクローゼットの種類や、ウォークインクローゼットの上手な使い方をご紹介していきます。

▼クローゼットとは
洋風の収納スペースのことを「クローゼット」と言います。
クローゼットには以下の3種類がありますよ。

■(普通の)クローゼット
最も一般的な収納スペースです。
日本でいうと押入れのようなもの。
奥行きがあるクローゼットの場合は、上手に収納しないと奥の物が取りにくくなるでしょう。

■ウォークインクローゼット
収納スペースの中に、人が歩いて入れるクローゼットのこと。
2~4畳くらいが一般的です。
広めのスペースなので、ウォークインクローゼットの中で服のコーディネートを決めたりすることもできます。
ただしウォークインクローゼットを設置するには、部屋の広さに余裕がないと難しいでしょう。

■ウォークスルークローゼット
出入口が2つあり、通り抜けが可能なクローゼットです。
生活動線を作りやすいというメリットがありますが、出入口の場所を多く確保する必要があるため、ウォークインクローゼットよりは収納力は下がります。

▼ウォークインクローゼットの上手な使い方
ウォークインクローゼットは、以下のように使うのがおすすめです。

収納棚には普段着
収納棚には普段着を畳んで入れておくのが良いでしょう。
持っている服が多くても、コンパクトに収納できるので問題ありません。

■パイプハンガーにはシーズンオフの服やスーツ
パイプハンガーにはシーズンオフの服やスーツなど、型崩れが心配な服を収納します。

■更衣室として使うなら廊下の近くに
ウォークインクローゼットを更衣室として使うなら、廊下から出入りできる場所に設置するのが良いでしょう。
寝室にウォークインクローゼットを設置するケースもありますが、出かける前に一々寝室に出たり入ったりするのは大変ですしょう。

▼まとめ
クローゼットを設置する際は、使い方をイメージしてからどの種類が適当かを検討するのがおすすめです。
京都市にある有限会社秀建では、新築やリフォームのご相談を承っております。
シックハウスの心配のない「抗酸化工法」も採用しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 自社の分譲地

    query_builder 2022/12/20
  • 注文住宅で地鎮祭を執り行いました。

    query_builder 2022/09/15
  • 注文住宅について新たに発信するブログ始めました。京都市の有限会社秀建

    query_builder 2021/09/21
  • 洗面所の床材の選び方

    query_builder 2023/01/03
  • ローコストの注文住宅を建てるには?費用や注意点を解説

    query_builder 2022/12/05

CATEGORY

ARCHIVE